野菜・ハーブの育成。プランター栽培からステップアップ。

野菜・ハーブの育成。プランター栽培からステップアップ。

おはようございます。

梅雨が明け、夏真っ盛りの気温になってきましたね。
お庭やプランターで育てた野菜も続々と収穫時期に入っていますよね。
植物の成長を楽しみながら収穫のたのしみもある家庭菜園は楽しいですよねー。

お庭で家庭菜園を行う際、木枠やレンガ、ブロック等で菜園を囲むと
お庭と菜園がすっきり分けられて見た目にも機能的にもおすすめです。
一般的には、菜園ボックス・レイズドベッド・キッチンガーデンと呼ばれています。
これです↓

菜園ボックスレイズドベッド

家庭菜園


メリット
・お庭部分と菜園部分がしっかり分けられて見た目が良い。
・仕切りで分け、高低差があることで、お庭の部分の芝刈り等メンテナンスがしやすい。
 (野菜の生育が旺盛になった時、地続きだと芝刈り機など道具を使用しにくい。
・地面より高いところに植物を植えるので収穫や、メンテナンスがしやすい。
・新たな土を盛るので育てる植物に合った土を使用できる。
・プランターと比べて植物が根をしっかり張れるので生育が良い。
・プランターに比べて土量が多いので水管理が楽。

デメリット
・資材購入と作成に時間とお金がかかる。
・撤去の際には手間がかかる。
・プランターの様にあとから好きなところへ移動できない

以上がメリット・デメリットです。

まとめると以下の方に適しています。
・菜園をやりたいが庭をプランターだらけにしたくない。
・複数年以上菜園をやりたい。
・プランターでやってみたが、もう少し収穫量をふやしたい。
・菜園と庭を見た目良く両立させたい方。
等々

以上の方にお勧めです。
我々GARDENS GARDEN岡崎東では施工だけでなく、
植える植物(ハーブセット等)のご提供等も行っております。

家庭菜園 庭

家庭菜園 庭